2020年03月07日

11月7日〔再録〕

あの頃


ヤマトの成功で羽振りがよかった頃、ファンに大盤振る舞い? してた噂聞いた。

何でも好きなもの注文して♡

喫茶店だからね
できたよねとわらったけど
本人は銀座豪遊し続けた…死んだのもクルーザー落ちてだもん。
破産してもお大尽だったんね。



11月7日 西ア義展物故


プロデューサー、アニメーション監督。
1934年生。
物故は2010年。
75才。

「宇宙戦艦ヤマト」の生みの親
であることで名高いが、 「海のトリトン」「ワンサくん」「宇宙空母ブルーノア」なども企画制作している。
トリトンは富野喜幸(現・由悠季)の印象の方が強かったので、西アかかわってんのおおおおお!感、著しい。
1997年と1999年の覚醒剤事件や銃刀法違反事件、知らなかったか忘れてたか。
実刑判決うけてた。
くううううう。
ウエストケープつぶれたあとでヤマトの権利も全部手放した後なので、心に闇も生じてたろうが、アニメブームの始祖だろう?
しっかりして欲しかった。

でも山師なんだよねー所詮。

パッセンジャーも、
ホワイトライオンも、
汚れた英雄も、こけてる。

切ないなあ。

でも轍は絶対踏まない(ようにしたい。私も魂、山師だからww)。
posted by うらやす at 17:20| Comment(0) | 作品365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: