2020年03月08日

4月4日〔再録〕

当時の侍従


実はこれ、山岡鉄舟。
びっくりした。
剣豪で、幕臣で、ってイメージ強かったから。
西郷隆盛のたっての依頼で1872年(明治5年)から

十年間だけの約束で

務めたんだって。
侍従時代、

深酒ついでに相撲をとろうとかかってきた明治天皇をやり過ごして諫言した

とか、

1873年(明治6年)皇居仮宮殿が炎上の際には、淀橋(←新宿だよ。かなり距離ある)の自宅からいち早く駆けつけた

とか、剛直なエピソードがいくつも知られてる。
そもそも西郷と親しくなるきっかけからして剛胆。
侍従も、十年ぴたりでやめています。



4月4日 あんぱんの日



1875年(明治8年)。
明治天皇が水戸邸の下屋敷を訪れた際に、

木村屋のあんぱん

が出されたことかららしい。
木村屋の木村安兵衛が当時の侍従に、

「これまでは京都の和菓子をお出しすることが多かったが、純日本製のパンをお出ししたらどうか」

ともちかけられ、開発に着手したそうな。
木村安兵衛は、それまでのあんぱんに工夫をこらし、日本を代表する花である、八重桜の塩漬を入れた、

“桜あんぱん”

を開発したのです。
安兵衛と次男・英三郎(ニ代目)があんぱんを考案したのが1874年(明治7年)。
ちなみにジャムパンは1900年に三代目、儀四郎が考案したものだそうで、その後、“蒸しパン”の発展型「蒸しケーキ」も同社が作っている。
日本のパン文化は殆どすべて木村屋からと言っても過言ではないようです。
明治二年創業。
老舗中の老舗ですよね。
posted by うらやす at 10:58| Comment(0) | 作品365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: