2020年04月16日

8月23日

生きのびて後


日本の地理教育の失敗作である私は、福島と宮城の場所を漠然としか知らない
でも二つのことは知っている
福島は白虎隊宮城は衝撃隊
白虎隊は幼すぎた
衝撃隊は…

誰も知らないのはなぜだ?

たくさん人を斬って
侠客と結んで
恩赦に乗じて出てきて
警視庁で出世?

えっとね…




まあ…



人の人生か


でも白虎隊は泣いて死んだのだよ

とまとめようとしたけど笑

実情は同じようなものか

明日は
見えていましたか?

どちらも…
今日の続きの明日でしたか?



8月23日 白虎隊自刃の日


1868年。
戊辰戦争で会津藩の白虎隊が城下の飯盛山で自刃した。
ほんの数人しか生き延びなかった。

士農工商で
いつも絞られてた農の人たちは、自藩の侍を憎んでいた

だからかげにひなたに他国者に力貸した…

幕末


現実


子らはどのていど、ものごとがみえていたのだろうか。
posted by うらやす at 06:04| Comment(0) | 作品365 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。